読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬を大事に育てよう!!犬の総合サイト!!

愛犬を大事に育てていますか??犬に関する総合的なサイトです!

ハスキー犬ってどんな犬??

シベリアンハスキーの歴史に迫る

 

シベリアンハスキーは、名前のごとく、ロシア・シベリア地方で産まれた犬です。
 元々はスピッツが由来となったと推定されており、外見が似ていてワンサイズ大きいアラスカン・マラミュートとは近い関係ですが、犬種としてどこでうまれたかはわかっていません。外見から、DNA鑑定の結果からオオカミに近いという事は明らかになっています。
 歴史的にも古くからシベリアンハスキーを育ててきたのは、シベリア北東部に住む「チュクチ族」でした。シベリアン・チュチースという名前で呼ばれていたシベリアンハスキーたちは、もともとはチュクチ族のソリ犬かつ、猟犬として愛されていました。寒い地域の限られた土地で長い歳月ををかけて繁殖、育てられるうちにうちに、シベリアンハスキーとしての地位を確立したものと思われます。
 特に寒さにはつよく、力持ちです。

 

ハスキーたちがどんどん活躍するようになったのは、20世紀になってから、アラスカに住んでいたアメリカ人たちがそのうわさを聞きつけてからでした。
1909年にアラスカの犬ぞりレースに参加した事をかわきりに、ハスキーたちのポテンシャルを認めたラムゼー氏によって本土に入るようになり、1910年以降、約10年にも渡って、ハスキーたちが引く犬ぞりは多くのレースで勝利を掴むことになりました。
極寒ののソリ犬として一部の愛好家の犬であったハスキーたちを一躍世にしらしめたのが、1925年、アラスカの都市ノームで、ジフテリアが猛威を振るった時のことでした。なんとハスキーの犬ぞりは実に500km以上の距離を走り抜き、血清と薬を治具テリア患者に届けたのです。
このことが全世界でニュースとなり、シベリアンハスキーたちの名前は一気に世界に駆け巡ったのです。
その働きっぷりと性格の良さ、親しみやすさが噂となり、カナダそしてアメリカへ輸入されることになりました。
 犬ぞりレース好きの愛好家のもとへのスポーツドッグとして、1930年にアメリカケンネルクラブに登録されると、ドッグショーへの出陳も行われるようになり、狼を小柄にしたような外見で人気を集めました。
また、北極・南極探検の際に人間と一緒に行動し、第二次世界大戦では、アメリカ軍の軍用犬として北方の探索犬・救助犬としても活躍し世界に貢献しました。

 日本では1980年代のバブルの頃、一躍有名となり飼育頭数が増えましたが、運動量が非常に多く必要で散歩に手間がかかる事、抜け毛が多いなどの理由から、飼育が難しく犬を捨ててしまうという愛犬が増えてしまいました。
この事態に立ち上がった愛好家たちによって、育て方についての情報発信が行われるようになり、ブームが落ち着いた現在は一定の人気に落ち着いています。

 

シベリアンハスキーの特徴とは??

 

シベリアンハスキーは立ち耳が特徴で、大変厚い下毛を持つダブルコートの、大型犬です。
 骨も体格もがっしりとしていて、極寒の寒さに耐えるための皮下脂肪も貯えていますが、体重があまり増えすぎると動きが遅くなってしまいダメだと言われています。
 標準の体高は、オス53.5~60cm、メス50.5~56cm、体重はオス20.5~28kg、メス15.5~23kgとされています。

 

シベリアンハスキーの性格とは??


シベリアンハスキーは人にも他犬にも友好的であり、そり犬の歴史に培われた社会性の強い性格です。
 明るく前向きでめげない生活でもあり、また責任感が他の犬より強く、頑固で不器用な部分もあります。そのため、頭が悪いのではないかと勘違いされる事がありますが実はそうではありません。
 用心深さはあるものの、外見からギャップがありますが攻撃性が低く、番犬には向かない性格とされています。

シベリアンハスキーの飼い方って???

シベリアンハスキーは体力がとてもあり、運動量が非常に豊富で必要な犬です。最低でも1日に1~2時間以上の散歩や運動が求められ、運動不足でストレスが溜まってしまう事があります。それが原因で、家具や犬舎にストレスをぶつけて、破壊的行動を行う事があります。
また、社会性が強いため、一人で長い時間の留守番はストレスになります。

しつけや訓練があまりできないと言われていますが、ハスキーはポジティブでめげない面が強いため、失敗に懲りずに繰り返してしまうことがあります。明るくポジティブな性格あハスキーの魅力でもあるので、先に飼い主の方がめげずに根気よく接していく事が大切です。

シベリアンハスキーはダブルコートの下毛はかなり厚く、毛が抜け替わる時期はかなりの抜け毛を覚悟する必要があります。
ブラッシングは週に2~3回以上行ってあげるようにするようにしましょう。

 

シベリアンハスキーの毛色って???

 

シベリアンハスキーは黒、黒青色、茶褐色、白などで、腹部は白いものが多くあります。

シベリアンハスキーの気を付けたい病気とは??

 

シベリアンハスキーは命にかかわるほどの思い遺伝病については、比較的少ない種類とされています。
目の病気を発症しやすいことで知られており、若年性白内障緑内障、ブドウ膜皮膚症候群、進行性網膜萎縮などが挙げられます。

また、皮膚の病気が多いことでも知られていますが、ホルモン分泌異常のほかにも、日本の気候が、極寒で育ってきたハスキーの体質に合わない事も挙げられます。

 若い犬では股関節形成不全、歳をとった犬では変形性脊椎症など、関節や骨格に病気が現れることがあります。
 症状が重いと運動制限となりますが、軽度のものは運動で筋肉を十分につけ、肥満を予防することで重症化しにくくなります。
 本来は重いソリを引くだけの力が特徴の犬です。健康を維持するためにしっかりと毎日の散歩を行ってあげましょう。