読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬を大事に育てよう!!犬の総合サイト!!

愛犬を大事に育てていますか??犬に関する総合的なサイトです!

秋田犬ってどんな犬

皆さんは秋田犬と書いて「あきた犬」と読んでいる方が多いと思いますが、正式には「あきたいぬ」といいます。
今世紀ととなった今でこそ、秋田犬外見もブランド化がすすみ、外から見ればすぐ秋田犬とわかります。これは昭和に入ってすぐの頃、純粋な秋田犬の保存運動が起こったことから始まったと言われています。
その前まで秋田犬は、外国の犬や他の日本の犬との雑種での交配が進んでおり、見た目も気質もバラバラでした。

理由としては、明治までは実は秋田犬は闘犬として扱われてきた事と、戦争時代は犬の毛皮を軍に提出していたことも挙げられます。

秋田犬の祖先となった犬は、マタギ犬だと考えられています。
江戸時代、秋田県の領主の佐竹氏により闘犬ブームがスタートし、主にマタギ犬を積極的に交配していました。明治に入るとより強く大きくなるように、土佐犬ジャーマンシェパードグレートデンなどとも交配が進められました。

外国の犬などとも交配していた訳です。
しかし、20世紀初めの頃の1915年になると、闘犬は日本でも行えなくなりました。
闘犬の禁止により秋田犬を守る人や、研究をしていた人が作り、新しい秋田犬の基準がが探られ、1919年に制定された天然記念物保存法の指定動物を目指して改良と作出が始まりました。当時の内務省は秋田犬を視察に訪れましたが、とても天然記念物に指定するのは難しいと指定は見送られ続けました。
関係者はさらに努力を重ね、ついに1930年には天然記念物秋田犬として登録される事ができたのです。

そして始まった戦争が、犬の未来に暗い影を落とすことになります。
 
第二次世界大戦中は毛皮で防寒衣料を作るため、軍用犬であったジャーマンシェパード以外の犬は軍に提出し、毛皮にされてしまったのです。秋田犬もその毛皮が重宝され、苦肉の策としてジャーマンシェパードを交配し、なるべく軍へ毛皮を提供しなくても良いようにし、時には犬を疎開させるなど、保存のためのにみんなが努力がひそかに行われ続けていました。
終戦後に残っていた純粋な秋田犬は実は20頭にも弱しかいなかったとのこと。この犬たちを基礎に、21世紀の現代につながる秋田犬の作出が改めて行われることになったのです。まさに奇跡の20頭ですよね。

 実は秋田犬はアメリカにもいます。それは戦後アメリカ人が秋田犬をアメリカに持ち帰り独自のブランドを作り出しました。それが、「アメリカン・アキタ」です。

しかもなんとアメリカにはアメリカンアキタの財団まであるとの事です。

秋田犬の体格

秋田犬は体格はがっしりしており短毛な犬です。
 鼻はみんな黒ですが、白犬は肉色でも許されるとされています。耳は三角形ので分厚いです。
ジャパンケンネルクラブの標準では、オスの体高は67cm、メスは61cmとなっています。

秋田犬の性格

秋田犬は忠誠心が大変強く、家族へは愛情たっぷり、ほかの人には警戒感を示します。
 闘犬の本能が残っている部分も強くあります。

秋田犬の飼い方

とにかく体力があります。しっかりと運動をさせないとストレスが溜まるため、1日1時間は散歩が必要です。
 やはり闘犬という事で、しっかりとしたしつけが必要です。飼い主がなめられてはいけません。
力で抑え込もうとして犬に負けた時は、手の付けられないことになりかねません。
子犬の頃からしっかりと、しつけとコミュニケーションをとっておけば安心です。
秋田犬は都道府県で色々な制約があります。
 飼い始める時に、お住まいの保健所や愛護センターで必ず確認しましょう。
ブラッシングは欠かせません。週に1回はブラッシングしてあげましょう。

秋田犬の毛色

赤、虎(ブリンドル様)、白、胡麻です。
白以外の毛色は「裏白」でなければいけません。裏白とは部分(おなかやあご下など)や手足の先などが白いことを指します。

秋田犬の気を付けたい病気

秋田犬特に発病しやすい病気として、ブドウ膜皮膚症候群があります。
この病気は、まず最初は、突然涙があふれ出て止まらなくなります。そして白目の部分が充血し、目の表面のブドウ膜が白獨して、眼球が大きくなります。
原因は、自分の体のメラニンの色素を自分の免疫が攻撃するという事により発病する病気で、目以外の部分の皮膚でも色が薄くなります。
 この病気は秋田県が圧倒的に多いとされています。。
 ストロイドによる治療が一般的です。心配な人は病院受診してください。